フリーランスの真実とは

  • フリーランスは自己管理が重要

    • 自由度の高さが人気のフリーランスですが、自己管理ができなければ稼ぐことはできません。

      会社勤めのように、黙っていても仕事が舞い込むことはありませんし、仕事がなければ収入はなくなります。
      さらに体調を崩してしまえば仕事をすることはできない上に、クライアントを失う危険性もあります。例えばインフルエンザに感染してしまうと、一定期間は仕事ができません。



      すると納期が守れないこともあり、そうなればクライアントの信用を失います。
      また勤め人のように有給があるわけではないので、体調を崩すことは大きな損失となります。


      フリーランスは会社員以上に自分自身をしっかりと管理しなければなりません。


      また仕事の進捗もスケジューリングして納期に納めることができるようにする必要があります。

      フリーランスは基本的に納品して検収が終わってから報酬を得ることになります。
      そのために複数の仕事を並行して進めることが必要です。
      そのために仕事管理というものをしっかり行っておかなければ、納期が守れないものが出てきてしまいます。
      また段取りもきちんと定めておかなければ、面倒な仕事が残ってしまいます。

      業務によっては時間を要するものがあります。



      アイデアはすぐには沸かないものなので、早めに手をつけてアイデアを練る時間が必要なものがあるということです。

      そのような段取りも自分で全て組みつつも、健康管理には十分に配慮することがフリーランスには求められます。



top