フリーランスの真実とは

  • フリーランスの種類は

    • フリーランスには様々な仕事があり、転職したり余った時間を有効に使うための副業として選ばれています。
      主な職種は、ライター系・デザイン系・IT系・販売系・エンタメ系に分類できます。
      ライター系の仕事は、WEB上のコラムを執筆したりキャッチコピーを考えたりブログを開設し広告収入を得るアフィリエイトなどがあります。
      特別な資格やスキルが無くても始めやすく、パソコンや文章作成ソフトがあれば良いので初期投資もあまり必要ありません。


      年収は10万〜500万程度までと様々です。

      手軽に始められるのでフリーランスの仕事の中で選ぶ人が多い職種です。


      デザイン系の仕事は会社のロゴやアイコンを作るグラフィックデザイナーやホームページを作るWEBデザイナーなどがあります。



      年収は200万〜500万が平均でスキル次第ではさらに報酬が上がります。


      IT系の仕事は、プログラムの設計を行うプログラマーやスマートフォンのアプリを開発するアプリケーションエンジニアなどがあります。



      平均の年収は300万〜1000万までと他の職種よりも高めですが専門的な知識が必要となります。

      販売系の仕事は通信販売で、自分でホームページを作成しなくても楽天やヤフーなどのモール型ECサイトを使えば初心者でも始めやすくなっています。
      エンタメ系は注目されている動画サイトを利用したもので、動画の視聴者を増やすことで報酬が得られます。



      年収は数万から億単位の人もいて様々です。

      フリーランスは、自分で働く時間や場所を選べるので選ぶ人が増えています。


top